お金借りたい 即日



お金借りたい 即日

とにかくすぐにお金が必要なんです!そんな困っている皆さんに、少しでも早く審査や融資をしてもらえる消費者金融系のカードローンを紹介します。ここなら即日融資もバッチリ対応してくれますよ。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら

本当に急いでいる人こそ、大手の消費者金融系のカードローンを利用していきましょう。それは何故だと思いますか?

大手の消費者金融系のカードローンは即日の審査や即日の融資にきちんと対応できるからなんです。大手ならではのスピードと対応力だと思いますね。中小の消費者金融ではこんな風にはいきません。こちらで紹介しているのは、ズバリ即日対応できる早さのあるカードローンばかりですよ。

即日融資できるカードローンランキングはこちら

今すぐ借りたい人はカードローンを

今月いきなりピンチになるってことは、何もあなただけではありません。多くの人はこういった困った状態に直面しているんですよ。

  • 急な冠婚葬祭でお金が足りない
  • 病気や怪我でいきなりお金が必要になった

そんな場合だからこそ、カードローンでお金を借りるようにしましょう。
もちろん、友達からもお金を借りたり出来るかもしれません。ですが、もしその返済が滞ったら?100%絶対に期限通りに返せる保証なんてありませんから。

そうなるとせっかく今まで積み上げてきた友情はバラバラに。お金の問題は友達関係をあっという間に破綻させますよ。
だからこそ、キャシングしてお金を借りるべきなんです。

お金借りたい!即日融資できるカードローンランキングは?

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
アコムの公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

即日でお金を借りたい人が気をつけるべき事

即日お金借りたい

即日お金借りたい


特に即日でお金を借りたいと思っている人はここを抑えてほしいんです。もちろん他にも色々と気をつけるべき点があるんですが、まず即日審査&融資のためにはやるべきことがありますので、覚えておいてくださいね。

①借入希望額はできるだけ少な目

お金を借りようと思った時、借り入れの希望額はできるだけ少ないほうが審査に通りやすいです。例えば50万を超える場合収入証明書が必要になるんですが、ココまで来ると審査は時間がかかりますし、その分融資までも時間がかかります。何より審査が厳しくなるんですね。できるだけ少なめの金額を借りるようにしましょうね。

②融資実績の高い大手からお金を借りる

即日審査や即日融資を特に希望している場合は、大手の有名な消費者金融から審査を受けるようにしましょう。例えばプロミスとかアコムとかですね。と言うのは、大手のカードローンは基本的にこういった急ぎの案件に対応するのが早いんです。実績がある分、こういったサービスも充実しているんです。

③WEB上で申し込み(できれば午前中)

融資の際には、殆どの人が自分のメイン口座に振り込んでもらうと思います。その関係もあって、審査はできるだけ午前中に余裕を持って終わらせておくことをおすすめしますね。現状の大手消費者金融系のカードローンの審査は、プロミスとかなら30分から60分もあれば終わります。で、その審査が終わってから振込になるんですね。つまり14時を過ぎると翌日の扱いになってしまうことがあるんです。せっかく審査を即日で終わらせても、お金の受取が翌日では意味がありません。その日の内にお金を借りたいのであれば、午前中をめどに審査を終わらせておきましょう。

④自動契約機(無人契約機)を利用する

もちろん出来る限り午前中で終わらせようとした。けど仕事の都合で間に合わなかっただなんてことはよくあると思います。その場合ももう当日中にお金を受け取る事はできないんでしょうか?いえ、そんなことはありません。自動契約機を利用すれば即日で融資を受けられるんです。

今のシステムは、例えば申込みをネットで終わらせておいて、審査が終わればローンカードを自動契約機で受け取ることが出来るんです。でそのままカードを使ってお金を下ろすって仕組みも可能なんです。アコムの営業時間は8:00~22:00、プロミスは9:00~22:00(※一部21時もあります)なので、仕事帰りでもその日の内にお金を受取できますね。

即日でお金を借りたい人用意するべき物は?

必要書類

必要書類


即日で審査や融資が出来るのはわかったんだけど、そもそも私は何を用意しておいたらいいんだろうか?
はじめての人が特に心配だと思いますので、まず必要なものについて見ておきましょう。
できるだけ申し込み前にそれらを揃えておくと、後で早くて便利ですよ。

本人確認書類

まず必要なのは本人確認書類ですね。
これはお金を借りる際であれば、どの銀行でも消費者金融でも必須です。
運転免許証や健康保険証、またパスポートの写しなどがよく利用されますね。

後、注意しておく点があります。それは免許書に載っている住所と実際の住所が違う場合です。引っ越しなんかをして、住所変更が面倒で行ってないって人は結構いらっしゃるみたいですね。
この場合、もし免許書をそのまま利用するんであれば、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証が必要になります。

正直面倒ですし、後々変えないとダメですから、できれば先に住所変更をしておくことをおすすめします。

借入希望額で必要な書類は異なる

50万円以下の借り入れであれば、基本的には上の本人確認書類だけでOKです。ですがそれ以上の場合は他にも必要な書類が増えます。

借り入れの希望額が50万円を超える場合と借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

これは貸金業法が関係しているんですね。貸金業法では総量規制という考え方があります。総量規制は年収の1/3以上の借り入れが出来ないという仕組みなんです。これがあるので、高額の借入の場合、収入証明書をチェックするという義務があるんですね。

審査の簡単さや融資までの時間を考えても、できるだけ50万円以下の借り入れにすることをおすすめします。

即日融資でも金利は気をつけよう

身分証明書

身分証明書


即日融資だからといって、なんでもかんでも借りればいいというわけではありません。特に金利は気にすべきポイントになりますよね。当然お金は借りているものですから、返済しないといけないですし、利子も併せて返さなくてはなりません。

消費者金融系のカードローンの利息の基本は大体、1.7%~18.0%に設定されています。少額で借りる場合の多くが18%になってますよね。大手の消費者金融系のカードローンはほぼこの金額。

じゃあ、利子も気をつけようがないじゃないって思うかもしれませんが、そうでもないんですよ。例えばプロミスとかアコムは初めて借りる人は30日間無利息でお金を借りることが出来るんです。

これってかなり利息についてお得ですよね?

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


ただ、いくら30日間無利息でタダで借りられると言っても、必要以上に借りることが無いようにしましょう。そもそもお金はもらっているのではなく、借りているものです。だからこそきちんとした返済計画が何よりも大事です。

お金を借りる場合にいちばん大事なのは事前計画です。返済計画としてどの程度の金額を毎月どれくらい払うのか?そういった事前計画をきちんと立てて置くことが、債務超過にならないポイントですね。

コツコツと返し続けることで、あなたの信用情報が良くなりますし、次借りることがあった場合に確実に即日で融資をしてくれるようになります。信頼=返済能力ともいえますからね。返済能力を高いと見てもらえれば、それに見合った金額を貸してくれるようになりますから。

無利息期間で金利をお得にしつつ、しっかりとした返済を心がけましょう。

個人信用情報で全て個人情報は把握されている

個人信用情報

個人信用情報


個人信用情報という言葉をご存知でしょうか?個人信用情報は金融機関や消費者金融がお金を貸す際に、借り入れしようとしている人に融資をしても大丈夫かどうかを判断するための情報元になります。

実は全てデータベースで管理されていて、消費者金融だけでなく銀行系のカードローンで借り入れする場合もここでデータを参照するんですね。

もしも、あなたが他のカードローンで返済が滞っていたとしたら、次にお金を貸す所は非常にリスクが高いです。そういった問題を排除するためにこの個人信用情報はあるんですね。

消費者金融や銀行、信託会社は同じ情報を共有しているんですね。

実際にどんな情報が管理されているんでしょうか?
他社での借入残高や返済回数などの借入データ、氏名、生年月日、電話番号、勤務先
こういった情報が全て記録されています。

ということは、もしあなたが一度も融資を受けたことが無いのであれば、当然ですがあなたの名前は無いですしなんの登録もされてません。

このような個人信用情報を取り扱う会社は、現在3社あります。

  • CIC(信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社が加盟)
  • 全国銀行個人信用情報センター(銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金が加盟)
  • JICC(貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信が加盟)

3つに分かれていますが、実は一部の情報をお互いが共有しているのが特徴です。
つまり、どこにもバレないで総量規制以上に借りるなどと言ったことや、負債が膨らむっていうことが出来ない環境になっています。

まあ貸す側の貸し倒れを防ぐためなんですが、特殊な体制ですよね。
でもこれによって、即日審査ができるようになったんです。

データが一元化されて管理されていると言うことは、そこに問い合わせれば個人の属性はすぐにわかります。
それによって少額の借り入れは、即日審査や即日融資できるほどのスピードになったというわけです。

正直、このようにデータは一元化されて管理されていますので、例えば他社での借入金額や年収などの申告で虚偽を行うのは絶対にやめて下さい。まずバレてしまいますし、その後審査が通らなくなります。

審査に通りやすい人と通りにくい人の差は

審査

審査


消費者金融や銀行のカードローンを申し込む際に、必ず審査は行われます。
ただ、審査を受けるとどうしても通りやすい人と通りにくい人が出てきます。この差は一体何なんでしょうか??

審査が通りやすい条件を見てみれば、なぜ自分が審査に落ちるかがわかると思います。
少しポイントを上げてみたいと思いますので、審査を通すための条件を御覧ください。

収入が安定していると審査に通りやすい

当然ですが、収入がどれくらいあって安定しているのか?これは審査の上では非常に重要です。キャッシングでは収入=返済能力と見られますから、やはり収入がある方が当然ですが審査は通ります。

年収100万円の人よりも年収300万円の人のほうが、多く借りれますし審査も甘くなるのは当然。少しでも多く収入を得ることがポイントになります。

信用情報が良いと審査に通りやすい

実はさっきの収入の多さももちろん審査に響くのですが・・・。
この信用情報が優れている人も、審査にはかなりプラスに働きます。

信用情報がいいと言うことは、すなわちこれまで借りたお金を計画的に返済できているということになります。
完済している場合も、良い信用情報になりますね。

当然ですが、返済が滞っていたり債務整理などをしてしまっていると、やはり返済能力を疑われて審査を通すのが非常に難しくなります。
こういった状況を金融事故と読んで、審査にはかなり不利な事案になります。

審査に通りやすい人と通りにくい人をまとめると?

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りたいと考えた時、審査で最も重要になるのは以下の2点です

  • 現在の収入(勤続年数や年収)
  • 信用情報(金融事故がないか?借り入れの返済状況)

やはりお金を借りると言うことは、貸す側から見れば返済能力が一番大事です。
自分の個人情報は本当に問題ないのか?こういったことを自分で知っておくことは審査をクリアするには非常に大事ですよ。

収入があって、返済をしっかりしてくれるという条件を満たせるように整えていきましょう。

お金を借りたい!職業で差はあるんでしょうか?

職業

職業


お金を借りる際には職業ってどこまで影響するんでしょうか?
こちらでは職業による差を調べてみたいと思います。

正社員がお金を借りる

正社員

正社員

消費者金融系のカードローンも銀行のカードローンも同じことが言えるんですが、どういったことを重要視するんでしょうか?それはもちろん返済能力がしっかりとあることがポイントになります。

お金を貸すわけですから、ちゃんと返してもらえる事が一番大事です。その点で言うと、正社員は非常に属性が高い職業と言えます。

ちなみに正社員の中でも、上場企業の正社員や公務員は最も属性が高くなります。ただそのレベルで必要なのは銀行での大型のローンの場合くらいですね。

それよりも普通の人でポイントになるのは、勤続年数です。中小企業だったとしても、勤続年数が長ければそれだけ属性は高くなります。それくらい勤続年数は重要視されていますよ。最低でも半年くらいはほしいですね。

派遣社員や契約社員がお金を借りる

派遣社員

派遣社員


派遣社員や契約社員は、非正規雇用と言われているのはご存知かと思います。正社員や公務員に比べると、どうしてもその属性は低くなります。

と言うのも、正社員は病気や怪我をした場合でも、ある程度の収入が保証されていますが、非正規雇用は一切保証されていません。いきなり収入が0になることだってあり得るんです。

後、非正規雇用の方が属性が低くなる原因として、契約年数というのがあります。基本的に派遣社員や契約社員は1年毎に契約を更新していくスタイルがほとんどです。つまり来年ここで働いているかどうかは、正直不透明ってこと。それは返済能力がどうしても不安定だと判断されますし、その分属性は低くされがちです。

ただ、こちらで紹介している大手の消費者金融系のカードローンは非正規雇用の方でもお金を借りることができます。ただ審査には注意をしないといけないので、最初はできるだけ少額で50万以下の借り入れに設定することをおすすめします。まずは審査を通しましょう。

後、派遣や契約社員が一番困るとよく聞くのが、在籍確認ですよね。在籍確認は本当にそこでその人が働いているかどうかを電話でチェックするという作業です。これはお金を借りる上では避けて通れないものになっています。

派遣だとその場に居ないし、電話が取れないから心配・・・・。そう思っているかもしれませんが大丈夫!

電話は別に誰がとってもいいんです。あなたがそこで働いている事さえ分かればOKですから。今不在ですって言ってもらうだけでも全然ダイジョブですよ。会社には一応クレジットカードを新しく作ったと伝えておきましょう。そうすれば電話があっても不自然じゃないですから。


パート・アルバイトがお金を借りる

パートアルバイト

パートアルバイト


パート・アルバイトも非正規雇用の一つで正社員や公務員に比べるとあまり属性は良いとはいえません。更に言うと、派遣社員や契約社員は年単位の契約になっていますが、パート・アルバイトはもっと不安定で月単位の場合もあるくらいです。

じゃあ、パート・アルバイトだとお金を借りることは出来ないんでしょうか?

いえいえ、ちゃんとお金を借りられますよ。実際にはこちらで紹介する消費者金融系のカードローンであれば、問題なくお金を借りることが出来ます。ただ、気をつける点もいくつかあります。

その一つはやはり借り入れの金額ですね。消費者金融系のカードローンでは50万円を超えると収入証明書が必要とお話しました。パート・アルバイトで50万を超える借り入れはかなり厳しい金額だと思います。総量規制の対象ですから、年収150万は必要ですし、それでも殆どの場合で審査落ちしてしまうと思います。

パート・アルバイトでお金を借りる場合は30万かそれ以下の金額から借り入れするのがいいでしょう。先々でもっと借りたい場合でも、まず借りて返済する信用情報を得てからであれば、もっと枠が大きくなりますので。

後は在籍確認ですね。電話は避けられないんですが、きちんと対策を取っていれば会社にもバレないで借りれますからチェックしてみて下さい。


学生がお金を借りる

学生

学生


学生がお金を借りたいと思ったら、実際にお金を借りることはできるんでしょうか?

ズバリ!お金を借りることは出来ます。

例えばよく聞く名前が学生ローンですよね。学生証があれば、無担保・保証人無しでお金を借りることが出来ます。これは50万以下くらいの少額ですが、十分に利用できる商品じゃないでしょうか。

ただし、学生がお金を借りる際にはいくつかの条件があります。

1.20歳以上であること

20歳以上であることはお金を借りる上で絶対条件です。未成年では基本的にお金を借りることは出来ません。保護者の同意が必要になりますから、殆どの場合でお金を貸すことはしません。もしも勝手に未成年にお金を貸して契約を結んだ場合、両親が訴えると契約不履行になって返済しなくてもよくなるからなんですね。もし踏み倒されてしまうと、企業としても不利益ばかりになりますから。

2.定期的な収入があること

これはアルバイトで十分問題ありません。定期的と書きましたが、ちょこちょことした収入でもぜんぜん大丈夫ですよ。それでも収入があればお金を返せるわけですから、返済能力ありと見られます。ただ消費者金融系のカードローンは総量規制に引っかかりますから、年収の1/3までしか借りれません。収入が低ければ、必然的に借りられる金額も減ってしまいます。

正直、正社員と比べると属性は低くなりますが、それでもこちらで紹介している消費者金融系のカードローンだと十分にお金を借りることが出来ます。借り過ぎには注意して、できるだけ少額からの借り入れにしていきましょう。審査を通すという面から考えても、50万円以下から考えるべきですね。


主婦がお金を借りる

主婦がお金を借りたいと思う場合、大きく分けて2つのケースが考えられます。

主婦

主婦


1.パートや仕事をしている主婦

これは全く問題なく借りることが出来ます。収入があるわけですから、返済能力もありますし全く問題ありません。正社員ほどの属性はありませんが、それでも十分な金額は借りられるでしょう。

消費者金融系のカードローンは総量規制にかかりますから、年収の1/3まで借りられると思っておいて下さい。

ちなみに主婦がお金を借りる場合に一番の心配は旦那さんにバレないで借りられるかということらしいです。
でも大丈夫!最近のキャッシングは旦那にバレないでお金を借りることができるんです。それはWEB完結の申し込み方法が出来たからなんです。WEBを利用することで、利用明細書がネット上の明細になったり、カードレスになったりと、非常に便利な方法が普及しています。

主婦

主婦


2.専業主婦の場合

専業主婦はほとんどの消費者金融系のカードローンは対象外としています。もちろん銀行系のカードローンも同じです。

本人の収入が無いわけですから、当然返済能力はありません。そういった理由からお金を借りることが出来ないんです。

中には配偶者の収入があれば借りられる商品もありますが、ほとんど扱っていない上に、審査もかなり厳しいので現実味としては無いですね。

女性がお金を借りる

女性

女性


昔のお金を借りるというイメージを考えると、どうしても男性がギャンブルで生活費を使い込んで、サラ金からお金を借りるっていうイメージがあったものです。

でも今では若い女性が買い物を多めにしてしまってお金が足りなくなってキャッシングを利用するだなんてことが当たり前になっています。独身女性も多いですし、社会進出している女性も多いというのも背景にありそうです。

ですので女性のための商品も増えてきていて、レディースキャッシングというものも出てきました。これは女性のオペレーターが対応してくれるもので、全員が女性で対応してくれるのが特徴のサービスです。大手の消費者金融系のカードローンなんかでは扱っていますね。女性オペレーターの方が当然ですが物腰が柔らかいですし、男性よりも相談しやすいと思います。窓口が全員女性だと、やっぱり安心して相談できますしね。

女性でお金を借りるのはちょっと・・・。
そう悩んでいる人はレディースキャッシングを利用してみて下さい。


シニアや高齢者がお金を借りる

シニア・高齢者

シニア・高齢者


最近では健康な人が増えて寿命が長くなったということもあると思うんですが、特にシニアや高齢者がお金を借りたいとおっしゃる場合が増えているようです。

年金が減っているのもそれに加味して、かなり多くのシニアや高齢者の方が借り入れを希望しています。

ただ、こういった方がお金を借りるにはやはり条件があるんです。簡単に分けると2つですね。

  • 69歳までの年齢の方
  • 年金以外の収入がある

この2つが消費者金融系のカードローンでは必須の条件と言えます。
銀行系のカードローンになると、さらに年齢は65歳までなどと厳しい条件になっているんですね。

やはり定年が65歳というのも影響していると思います。

もし、70歳以上・もしくは年金しか収入がない場合でも借りたい場合は、公的な機関を頼るといいでしょう。
こちらでもう少し詳しく紹介しておきますので。


キャッシングに関係する法令について

キャッシング法律

キャッシング法律


一般の人にはあまり馴染みが無いんですが、実は貸金業法は改正されて大きく変わっています。2010年6月の法改正は、かなり大きく変わったと言えますね。

まず、それまで暗黙の了解であった金利のグレーゾーンは撤廃されました。
昔は結構な高い金利での高利貸しが流行っていたのですが、それが無くなって上限金利は20%とされています。

あと、大きな変化としては【総量規制】が挙げられますね。

消費者金融会社には総量規制が適用され、基本的に借り入れは年収の1/3までとされています。

ただ、住宅ローンなど一部は除外されています。

この総量規制の重要事項は、個人がお金を借りるものとして消費者金融全般に適用されます。ただ、銀行のカードローンは適用されません。銀行には銀行法というものがありますので、銀行法が優先されます。

つまり銀行の借り入れは、個人の生活の借り入れなど関係なく、制限は無いってことですね。その分審査には時間がかかりますし、審査自体が非常に厳しいといえます。

お金を借りるQ&A みんなの質問にお答えします

お金を借りる

お金を借りる


こちらではみなさんが疑問を持ちそうな、お金を借りる時に困ってしまう質問に答えてみました。色んな疑問があると思いますので、こちらで解決していただければと思います。

少しでもスッキリしてお金を借りるために役立てて下さいね。


銀行でも即日融資で借りれるの?

お金を借りる際に、よく消費者金融系のカードローンの話をすると思います。特に即日で融資を受ける場合は、殆どが消費者金融で借り入れる場合がほとんどです。

消費者金融系のカードローンの特徴としては、やはり審査が通りやすいことと、即日融資が受けやすい点があります。

では、銀行系のカードローンはどんな特徴があるんでしょうか?

銀行系のカードローンでは、まずは金利が低いことが特徴です。
上限金利が14%台の所が結構あるんですよね。消費者金融系のカードローンであれば、プロミスの上限金利は17.8%であり、アコムやアイフル・モビットは18%に設定されています。

長期で借りると、この金利差はかなり大きくなります。
でもその分、審査に時間がかかるのが問題で、即日で対応してくれる所は今まであまりありませんでした。

でも、いくつか即日対応できる銀行系のカードローンも出てきましたので、ちょっと紹介しますね。

カードローン 金利 融資限度額 審査時間
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短30分
みずほ銀行カードローンコンフォートプラン 3.5%~14.0% 1,000万円 最短当日中
新生銀行カードローン 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 800万円 最短60分
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円 カード発行まで40分

いかがでしょうか?
即日融資対応できる銀行系のカードローンは、基本的にその銀行の口座を事前に持っている必要があります。ただ銀行でも即日に対応できる所も出てきていますので、口座を持っているのであれば審査を受けてみるのもいいと思います。

後は審査の難しさでしょうね。
こればっかりは分からない部分が大きいので、信用情報に問題がないのであれば、一度チャレンジしてみましょう。

在籍確認無しでお金を借りたいんだけど

お金を借りたいんだけど、正直会社に電話がかかってくるのが無理です。そういった人はかなり多いんじゃないでしょうか?もし可能なら在籍確認の無いキャッシングは出来ないものかとよく聞かれます。

確かに今ほとんどの消費者金融系のカードローンで在籍確認は必須です。もちろん銀行系カードローンは100%必須です。

ただここで皆さんにお伝えしておきたいのが、在籍確認でお金を消費者金融から借りただなんて絶対にバレないですよ。
普通にクレジットカードを作るだけでも、今では電話がかかってくるんですから。それが当たり前の時代になっています。付き合いがあって作ったんだって、私はいつもそう言うようにしてますよ。

ですので、大手の消費者金融系のカードローンであれば、オペレーターもしっかりしているので問題ありません。

それでも、私は絶対に会社にかけてほしくない!本当に嫌なんですという人は、1つだけ大丈夫なところがあります。
それは消費者金融のモビットです。

モビットで在籍確認無しで申し込むには、「WEB完結申し込み」を利用します。
これには条件があるのですが、正規雇用の正社員であるか公務員であるかしか利用できません。

後、こういった条件をクリアする必要があります。

  1. 事前に三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある事
  2. 社会保険証または組合健康保険証をお持ちの方

これを全てクリアできるのであれば、WEB完結の申込みが使えますよ。

ただ、ここから審査に利用する書類が必要なのですが、やはりちょっと面倒です。
まず、WEB完結の申込みでは、借入金額に限らず、以下の書類が必要になります。

  • 運転免許書・健康保険証・パスポートなどの身分証明書
  • 源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2か月分の給与明細書どれかの写し
  • 健康保険証(会社のかくにんのため)

本来、50万円以下の借り入れであれば、本人確認の証明書だけでOKなんですが。
在籍確認しない条件だと、収入証明書が必要になってくるんですね。実際に会社に電話しないのですから、これくらいの厳重な確認が必要なんです。

個人的には、少額を借りる場合に収入証明書とかかなり面倒なので、できれば避けたいと考えます。即日で揃えるには時間がかかりますし、やっぱり通常の審査よりも手間がかかって準備に時間を取られますからね。

電話1本で済むのであれば、在籍確認を受けるほうがいいのでは?と思っています。

いくらまでお金を借りる事ができるの?

これはなかなか一概には言えない感じですね。正直その人の収入であったり借り入れの状況、またどこからどんな目的でお金を借りるかなどでかなり変わってくると思います。その中でも簡単にわかりやすいケースを見てみようと思います。

キャッシングを利用してお金を借りる
これは実はかなり多くの人が利用している方法です。キャッシングというのはそもそも銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りることを指します。今現在、日本では1,000万人以上がこのキャッシングでお金を借りているんですね。

こちらでも消費者金融系を中心に紹介していますが、かなり多くの方が利用されています。

キャッシングの限度額
実は、これが消費者金融と銀行では大きく別れる部分なんですね。
まず、消費者金融ですが、貸金業法によって規制されており、総量規制と言って年収の1/3以内しか貸付できない仕組みになっているんです。

要するに年収300万円の人は100万円以下でしか借り入れできないってことです。
これが年収に比例した消費者金融系のカードローンの限度額になります。

それに比べて、銀行系のカードローンは異なります。まず銀行法に基づいて運営されていますので、そもそも貸金業法の規制を受けません。
ですので、銀行からの借り入れは、総量規制の対象外となります。

では、いくらまで借りられるのか??
これは実は銀行独自で決められていて、各銀行ごとに異なるんです。

  • 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%で最大800万円まで
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%で最大500万円まで
  • みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0%で最大1000万円まで

大手でも限度額はこれだけ異なるんです。
後は審査が通るかどうかの判断になりますが、基本的には銀行系のカードローンの審査は難しいです。

あまり多くの金額は期待できないと思いますし、何よりも審査を通すことを考えると、もっと減額しないと難しいでしょうね。

延滞中でも借りれる?カードローンってありますか?

お金を借りていると、どうしても返済を滞納したり、延滞したり、債務整理をしてしまうことはあります。こういった場合、金融事故として信用情報に載ることになります。

では、そういった人は延滞中でも借りれるんでしょうか?

答えはNOです!

まず、基本的に大手の消費者金融も銀行のカードローンも新規で貸してくれません。
金融事故を起こした人には、かなり厳しい対応なのが、キャッシングの世界です。

じゃあ、滞納したり債務整理した人が絶対に借りれないかというと、実はそうではないんですね。中小の消費者金融であれば借りられる可能性が0ではありません。少しですが可能性はあるんです。

地方に行くと、大手の消費者金融とは違う地元を中心に営業する貸金業者があるんですね。中小の消費者金融になりますが、ここなら貸してくれる可能性があります。

もちろん貸金業法に基いて運営されていて、健全に運営されている所もかなり多いです。

大手に比べると、金利はほぼおなじ金利でお金を貸してくれると思います。
ただ、大手よりも限度額は低い傾向にありますね。

延滞中の方が借りるとなると、審査は正直厳しいと思います。
なかなか通すのは難しいですが、大手なら一発でアウトの場合でも、中小なら可能性は残ります。

大手はマニュアルの範囲内でOKかダメかを瞬時に判断します。
で、そこからあぶれた人が中小に行くわけですから、基本的にリスクの高いお客さんが多いかもしれませんね。

中小の消費者金融の場合、今の返済状況や生活の状況を加味して、実際の生活に基づいた審査を行います。一人ひとりの状況を確認して、返せるのかどうか?また生活は大丈夫なのか?そういった部分を実際に見てチェックするわけです。

大手の消費者金融で借りれなかった場合、中小も頭に入れても良いかもしれませんね。

ブラックでもお金を借りたい

お金を借りる上で一番難しくなるのが【ブラック】という状態です。
名前くらいは聞いたことあるかもしれませんが、ブラックだとなかなか審査も通りにくいしお金を借りにくいのは事実です。

ちなみにブラックリストって言う物はありません。そう呼ばれているだけです。

信用情報機関の個人情報は、お金を借りている記録だったり、返済の状況だったりが記載されています。当然ですが、返済の延滞だったり債務整理などをした場合でも、同じように信用情報に載ることになっています。

一言でブラックと言いますが、ブラックにも幾つか種類があります。違いがあるんですね。

  • お金を借りたが返済できずに債務整理や破産をした【金融ブラック】
  • 1か月の間に3社以上のキャッシング会社へ申込みをした【申し込みブラック】

これらは名前を聞いただけでは同じブラックですが、全く性質が異なるブラックなんです。

例えば金融ブラックはなかなか消えません。なんと5年から7年もその記録が残ります。

申し込みブラックの方は6ヶ月程度あれば消えるので、また早めに申し込みできます。

ブラックだとすぐに借りれない?
例えば金融ブラックであれば、長いと7年間も金融事故の記録が残るようになっています。
その間、どうしてもお金が借りたくて新規で審査をお願いしても、まず審査が通ることはありません。

事故履歴が消えない間は、大手の銀行も消費者金融も貸してくれないでしょう。

ただ、中小の消費者金融会社であれば、まだ通る可能性は残っています。
中小はマニュアルで審査するのではなく、個人の生活を見て判断しますので、生活と返済が大丈夫なら貸してくれることもあります。
ただ、どうしても審査は厳しいです。かなり色んな部分を見られます。ダメ元でという感じになりますね。

申し込みブラックは6ヶ月経てば履歴は消えますので、そこからまた申込みをして下さい。
こっちはあまり心配なく審査の申し込みができますよ。

ブラックでもお金を借りたいというのはなかなか難しい状況です。ブラックの内容に沿った申込みをするしかないですね。

お金を借りる時の在籍確認は会社に連絡が来るの?

在籍確認で会社にお金を借りるのがバレるのが嫌だという人はかなり多いようですね。多くの人ができるだけ秘密にお金を借りて返済したいと思うのは当然のことです。

ですが、基本的に在籍確認は必須条件です。でもはっきり言ってそこまで心配する必要は無いんですよ。まず在籍確認で借金がバレるだなんてことはありえませんから。

オペレーターは自分の名前で電話をかけてきますし、決してプロミスとかアコムとかそんな会社名は言いません。それでも不安なのであれば、申し込みをした後に、一度フリーダイヤルに電話すべきです。

そこで在籍確認の相談をしましょう。どういう風にかけてくるのか?またなんという名前でかけるのか?時間は?そういった細かい打ち合わせをしておけば、ある程度希望に沿った対応をしてくれますよ。それが大手の消費者金融の強みとも言えますから。

会社にも親戚の◯◯さんから電話があるかもと伝えておくと、かなりスムーズに電話がつながりますから。

親にバレないでお金を借りたい

キャッシングをする際に、一番なんとかしたいのが、この親バレですよね。特に実家に住んでいる場合、親バレしないでお金を借りるのはなかなか骨の折れる作業だと思います。

親とは言え、やっぱり借金をしているのを知られたくないというのは当たり前です。どうやれば親バレしないでお金を借りられるかを考えてみましょう。

まず、最初のポイントは電話です。間違っても家の電話番号を登録するのはやめましょう。自分の携帯にしておけば、掛かってきても何の問題もありません。

後は郵送物です。実は親バレの多くの場合が、この郵送物から親が開けてしまってというパターンなんですよ。

最初に断っておくと、基本的に契約書やローン用のカードの差出人は、当然ですが変えてくれています。アコムとかアイフルとかは書いてません。たとえばアコムなら「ACサービスセンター」という名前で送られてくるんです。

それでも開けられたらバレちゃいますからね。そうならない対応が幾つかあります。

まずはWEB完結で申し込めるサービスを利用することです。それプラスカードを自動契約機受取にしてしまえば、郵送物は届きません。利用明細もWEB上のみで見れるようにすれば、送られませんから。この方法が一番安全且つ利用しやすい方法と言えます。

後は、アイフルの「配達時間エラベール」ですね。これはローンカードの配達の時間を指定できるもの。時間指定であれば、その時間家にいればバレないで受取をすることが可能です。これも自宅にちゃんと居れるのであれば使えそうなサービスです。

それでも親バレしてしまう原因は?
それでもいくつか親バレしてしまう可能性があるものもあります。
例えば、返済方法を口座振替にしている場合<ですね。これはその月の返済分が引き落としされる方法です。

一見非常に便利で良さそうなんですが、これが問題なんです。
実は自分が普段使っている通帳に、この履歴が残ってしまうんですね。<まあ通帳を自分で持っているのであれば大丈夫ですが、例えば親や嫁さんが持っている場合は、バレる可能性が非常に高いです。

もう一つは一番ダメなパターンですが、お金の返済が遅れて延滞してしまう場合です。最初からいきなりバレることはありませんが。

まず、最初に電話が掛かってきます。この時点で振り込みなどできれば全然問題ありません。でもそこで対処できなかったり電話を無視したりしていると、督促状が送られてきます。

督促状が自宅に届くと、それを見た親や家族に借金がバレてしまう可能性は非常に高いです。
必ず電話の時点で何らかのアクションを起こして、無視して督促状が送られてくることがないようにしましょう。

お金を借りる癖って直せないの?

このお金を借りる癖というのは、実はかなり厄介でなかなか直すのが難しいです。

初めて消費者金融でお金を借りたときは、ヤバイなぁって誰もが思っていたと思います。でも気がつけばお金を借りるのが当たり前になってくるんです。それが癖と言うものですね。

と言うのも、相当な金額を借りていなければ、給料日が来ればちゃんと返せるんですよ。最初は特に消費者金融でも少額の借り入れなので、ほぼ給料日で問題なく片付きます。

段々とお金を借りているという感度が鈍くなってくると、癖がついてどんどんと借りるようになってしまうんです。それによって生活水準が保たれてしまったりすると、、さらに厄介な状況と言えます。

やはり一番多いのがパチンコなどのギャンブルです。パチンコで負けてしまって給料日前に苦しくなってキャッシングを利用する。で給料日が来ると払ってまた元通りになるから次の月も同じようにパチンコに行ってさらに負けるという仕組みです。

借金癖がつくと本当に直りません。最終的には債務整理などに手を付けないと生活できない状態になってしまいます。

そうすると信用情報機関の個人情報に金融事故として記録が残ります。新たな借入は一切出来ず、最低でも5~7年程度は車も買い物もカードローンが利用できなくなり、それこそしんどい生活をおくることになります。

お金を借りる癖は付けない!そう心に命じておいてくださいね。

結婚式でお金を借りるならどこがいいの?

結婚式と言うと非常に華やかでおめでたい席なんですが、やはりどんな地方でも一緒でお金は結構掛かるものなんですね。両家が持ち寄って用意できれば何の問題も無いのですが、なかなか最近はそうも行かないんです。

そういった場合に利用できるのがブライダルローンですね。

結婚式の費用はどう払うもの?
まず覚えておいてほしいのが、基本的に結婚式の費用は前払いが多いです。殆どの場合は、自分たちの貯金と足りない分を両家に持ち寄ってもらって支払う方法がほとんどです。

後々だとご祝儀で補填できるのですが、最初に用意するには手持ちの資金が足りません。
なので不足している分をブライダルローンを利用するのです。

銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードなど、最近では様々な所でブライダルローンの取扱を行っています。もちろん各銀行などによって詳細は異なるのですが、大体限度額は500万円までで、利息は15%までが相場になっています。

ブライダルローンは成年であることが条件です。もしも未成年で結婚する場合は、本人が仕事をしていても両親の名前で申し込むことになります。

後、条件としては、年収や勤続年数が挙げられます。やはり結構な金額を借りることになりますから、ある程度の勤続年数や年収が求められて居るんですね。銀行や信金などですから、消費者金融に比べると審査は厳し目になります。

ブライダルローンの必要な書類
主に必要になる書類は以下のような物になります。

  • 本人確認書類
  • 結婚式費用の見積書
  • 収入証明書

通常の銀行などで50万円以上借りる場合に必要な書類+結婚式で必要であるという証明が必要ってわけですね。基本的にはどこの金融会社でも同じものが必要になります。

後注意が必要なのが、プライダルローンは利用の使途が決まっているということです。

  • 挙式費用
  • 新婚旅行費用
  • 新居への引っ越し

こういったもののみに限られていて、決して生活費などに利用する事はできません。結婚に関連したものに対しての融資ですから、これらに使う場合は見積もりなどを用意しないとその分は借りることが出来ません。

晴れの舞台ですので、あまりお金の事は考えたくないと思いますが、ブライダルローンもあくまで借金です。返さなくてはなりません。挙式の費用などは何割かはご祝儀で賄えるとして、それ以上の費用は自力で返す必要がありますので、返済計画を持って計画的に借りるようにしましょう。

個人間のお金の貸し借りってダメですか?

個人同士でお金の貸し借りができれば、消費者金融を利用しなくても大丈夫。それも友達じゃなければ友情にも問題がないのでは?

そういった理由から、最近ネット上では【個人間融資サイト】と言ったものがあったりします。
主にネットの掲示板に書き込んで、お金を借りたり貸したりするようなシステムです。掲示板を通じて連絡を取り合う感じになります。

ただ、実はヤミ金業者が多く書き込んでいるのが現状ですね。やはり怪しいと言うか危険な匂いがプンプンしますね。

個人間のお金の貸し借りの特徴
個人間のお金の貸し借りについてですが、簡単に言うとこんな特徴があるんです。

  • 相手の事を知らないで借りられる
  • 審査などはないので簡単に借りれる
  • 個人間でのやり取りなので他への迷惑は無い

見た目と言いますか、聞こえはたしかにいいですよね。これなら借りても問題なさそうなイメージです。
銀行や消費者金融で借りられなくなった人が、この掲示板を見るのは分かる気がします。でも大きな問題を抱えていたりするんです。

個人間のお金の貸し借りって違法?
そもそも、この個人間のお金の貸し借りについてですが、違法性は無いんでしょうか?
消費者金融や銀行などは貸金業者の登録もしているわけですが、個人だと何か登録など必要なんでしょうか?

実は、少額のものであれば、違法性はありません。
よく友達同士で遊びに行って、お金が足りなくなって貸してもらうだなんてことありますよね?

もし、個人間のお金の貸し借りが違法なのであれば、あれも違法になります。そんなことは絶対にありえません。
でも守らないとダメな法律もあったりします。それは利息制限法です。

  • 10万円以下は上限金利20%
  • 10万円以上100万円以下は上限金利18.0%
  • 100万円以上は上限金利15%

これだけは個人であろうと、業者であろうと同じ法律を守る必要があります。
逆に言えば、これをしっかりと守れば、そこまで違法性があるって話でも無いんです。

ただし、はっきり言って、掲示板を使った個人間のお金の貸し借りは止めたほうが良いです。
まず、多くの場合にトラブルに巻き込まれます。

相手が本当の個人であれば、まだ大丈夫ですが、ほとんどがヤミ金業者です。
当然利息制限法なんて守らないですし、借金を返せなければ恐ろしい取り立てが待っています。

無用なトラブルを避けるためにも、個人間のお金の貸し借りは避けるようにしましょう。

債務整理後にお金を借りるのは大丈夫?

色々な理由があって債務整理をすることになった。その後のキャッシングとかカードローンとかはどうなるんでしょうか?債務整理後にお金を借りることは可能でしょうか?

これについてですが、基本的に銀行系や大手消費者金融系のカードローンでは借りることは出来ません。永遠に借りれないってことはもちろん無いですが、少なくとも金融事故ですので7年とかそれくらいは消えません。

じゃあどこからも借りれないのかというと、地元型の中堅消費者金融であれば貸してくれる所はあります。こういった中堅の消費者金融はブラックになっている人やこういった債務整理後もしくは債務整理中の型を対象としてお金を貸している事があります。

大手と中堅の消費者金融にはどんな違いがあるの?
一言で大手と中堅と聞くと、なんか大きさだけとかお金を持っている量とかそんな感じがしますよね。実は確かにそこまで大きな差はなくなってきているんです。

中堅と言っても、すでにネットで申し込みには対応してますし、このあたりは大手とほぼ遜色ないレベルにあります。

両者の一番の違いは、その審査の方法にあります!

大手の消費者金融系のカードローンでは審査のスピードが最優先されます。スコアリング方式と言われていて、その範囲内であればすぐに借りるかどうかが分かる様になっているんですね。かなり多くの情報を蓄積していますので、IT化されていて瞬時に審査の結果が出るようにしています。

一方で中堅の消費者金融では人による審査が行われています。その人の今の現状を見て、それを元に人が判断して貸すか貸さないかを決めているんです。ですので、債務整理したからと言って絶対に借りれないってことはないんです。今の生活状況が問題ないと判断されれば、お金を借りることが出来るんです。

生活保護でもお金を借りられますか?

最近問題にもなっている生活保護。実際に生活保護を受けている状態でお金を借りる事は出来るんでしょうか?

答えとしては、生活保護でお金を借りることは出来ません!

それにはやはり審査が大きな問題になってきます。
審査で見られるのは何でしょうか?一番のポイントは安定した収入があって返済能力があるかどうかです。

生活保護を受けていると言うことは、そもそもの生活費が何らかの問題で賄えない状態です。例えば病気や怪我で働けないなどあると思います。
だからこそ、生活保護を受けているのであって、働いていない状態ではお金を借りることはできません。

それでもなんとかお金を借りたいんだけど・・・。

確かに生活保護を受けていてもお金を借りることが出来る消費者金融もあります。

しかし、殆どの場合がヤミ金であり、法定以上の金利を要求してきたり取り立てが厳しいなど非常に問題のある所ばかりです。こういった所でお金の貸し借りをすると後々大変になりますから、絶対に避けるようにしましょう。

ただその上でどうしようも無い場合は、ケースワーカーなどに相談してみましょう。役所であれば、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りることが出来る場合もあります。

この制度はなかなか難しいところもあるんですが、まずは公的機関をうまく利用して、相談することから初めましょう。そうすることで少しずつでもお金の問題も解決するはずです。

他社借入ありでもお金を借りれる?

お金を借りる時に申し込みフォームなどには他社借入という項目があったりします。一度はご覧になったことがあるかもしれませんね。

他社借入と言いますが、実際にどこまでを借入とみなして書き込むようにすれば良いんでしょうか?なんか多いと審査に通らない気がするので、できれば少ない件数でいきたいものです。

他社借入は【消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンでのキャッシング】が他社借入に入ります。

これらの件数の合計を記入するんですね。

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった借入はこの他社借入には入りません。ここポイントなんで覚えておいて下さい。

他社借入ありだけど件数を減らして記入すると?
できるだけ審査には通りたいからと言って、1件くらい少なく書いてもバレないだろうって思ってませんか?

確かにキャッシングの申し込みをする時に、借入件数が多いとどうしてもお金に困っているのがわかりますし、審査が通りにくいのは事実です。

実際にそういった理由で他社借入を少なく申告する人がいますが、はっきり言ってバレてます。

信用情報機関のお話は前にしましたが、ここからデータを引っ張ってきますので、あなたの借入状況は丸裸だと思って下さい。

過小報告することで、信用を落とす結果になってしまいます。ですので、ここは正直に報告しましょう。

他社借入は何件くらいまでOKなの?
まず、最初に考えるべきは総量規制です。総量規制によって年収の1/3までしか借りれません。

いくら件数が1件とかだとしても、総量規制を超えていると次に借りることは出来ませんから。

総量規制が大丈夫として考えると、3件以上借りている場合は新規の借入が難しいでしょう。大手の消費者金融ではほとんどがこれくらいの基準となっています。

件数が増えすぎているのであれば、おまとめローンなどを利用して、件数を下げるのも一つの手ですよ。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら